岩下食品公式サイト 岩下食品オンラインショップ 岩下の新生姜ミュージアム お問い合わせ 岩下の新生姜ミュージアム Facebook

岩下の新生姜ミュージアム

岩下の新生姜ミュージアム

【12月4日】池田聡 feat SUPER3 プレミアムコンサート スペシャルゲスト:柴矢俊彦

~岩下の新生姜ミュージアム 2016クリスマス・スペシャル・ライブ~

2016年11月27日(日)イベント

開催日時

2016年12月4日(日)
開場 15:00 / 開演 15:30 / 入場・観覧無料

メール予約開始

2016年9月16日(金)10:00~
メール予約優先入場 ※椅子席あり

会場

岩下の新生姜ミュージアム(旧「岩下記念館」)
住所:栃木県栃木市本町1-25(最寄駅:JR/東武 栃木駅)
アクセス:http://shinshoga-museum.com/about#access
※駐車台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用のうえご来館ください。

メール予約について

入場・観覧は無料です。どなたでもご覧いただけます。
ステージ前にお席を用意しますが、 こちらは、開演30分前から メール予約番号順でのご着席となります。
観覧ご希望の方は、ぜひメール予約をご利用ください。

※メール予約【着席150名】は定員になり次第め切らせていただきます。
なお、当日は一般開館日ですので、一般のお客様とともにイベントの様子をお立見にてご覧いただくことは可能です。着席メール予約150名に入れなかった方で観覧ご希望の方がいらっしゃいましたら、離れてお立見でよろしければ優先入場いただけるよう、引き続きメール申し込みで整理番号をお返しします。(イベント・ライブはやや見づらいことをご了承ください。)

メール予約は、以下の件名・本文で、 event@iwashita.co.jp までお送りください。
受信後、数日内に、予約受付番号を返信いたします。
※メール予約受付開始 9月16日(金)10:00~

【件名】
ライブ予約

【本文】
[1]観覧希望日(例:12月4日)
[2]氏名(ヨミガナ)
[3]電話番号
[4]来場される人数
[5]同行者の氏名・電話番号(お一人での参加の場合は不要)

池田聡

池田聡

1986年8月、日本大学理工学部在学中に「モノクローム・ヴィーナス」でデビュー、いきなり50万枚のヒットとなる。 都会的なポップさを持ちながらシンプル且つ深い表現力。澄んだ水が染み渡るようでありながら、胸の奥を刺すような痛みも存在する歌の世界観を持つ。 音楽活動、芝居、執筆、企画の立案等、多様な活動を積極的に行っている。

■リリース■【池田聡】名義で、シングル24枚、アルバム13枚、企画アルバム2枚、ベスト盤8枚、ビデオ6作。他に、【葉山湘と油壺マリンボーイズ】【ICEBOX】【IS(伊勢正三+池田聡)】【L.O.T.U.S.】【Apollo boyz】としても多数のリリース。

■代表曲■「モノクローム・ヴィーナス」「月の舟」「j.e.a.l.o.u.s.y」「濡れた髪のLonely」(レコード大賞ノミネート作品)「思い出さない夜はないだろう」「マリッジ」

http://www.satoshi.net/

SUPER3

SUPER3
2010年に結成された、最小人数オーケストラです。
佐野聡、加藤実、都筑章浩のSUPERなミュージシャン3人が集結したユニットです。
普段はまったく違うジャンルで活躍する3人ですが、一度演奏が始まると、そのサウンドは、どこまでも美しく繊細で、人の心にスーッと入り込みます。 それは、まるで清らかな水のように!それは、まるで暖かい人の温もりのように!
そんなふうに感じて頂けると思います。
音の魔法が掛かった玉手箱から、何が飛び出すか分かりません!
そんな予測不能で自由奔放な3人なのです!

柴矢俊彦

ジューシィ・フルーツのギタリストとしてデビュー。
その後、作曲家としても活動。
提供曲:南野陽子「吐息でネット」、柴矢裕美「お魚天国」などヒット曲多数。 池田聡「Windy Blue」、30周年記念アルバム「trio」収録楽曲「水曜日、いつもの公園で。」などの人気曲を手掛ける。
現在も定期的に自身のコンサートを行っている。

池田聡さんのスペシャル・ライブ開催に寄せて

岩下食品株式会社
代表取締役社長 岩下和了

岩下の新生姜ミュージアムのステージに、池田聡さんがいよいよ登場します。池田さんは、栃木県のご出身で、岩下の新生姜をずっとご愛顧頂いていたことをTwitterで知り、私共が編集した
『We Love 岩下の新生姜-ツイッターから生まれたFANBOOK』にツイートを転載させて頂いたこともありました。ご縁に感謝しています。

池田聡さんといえば「モノクローム・ヴィーナス」などの大ヒットで有名なシンガーソングライターです!デビュー曲が特大ヒットになったこともあり、池田さんを、もしかしたら懐かしの存在と思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、超現役!2012年のアルバム『いまさらの恋』なんて、物凄く胸を打つ名作です!表題曲など、大人のラブソングとして、私のようなものにさえ「愛」について考えさせてしまいます。

池田さんは、アコースティックギター弾き語りのライブ「ぶらりツアー」を長く継続されており、スターのオーラをまといながらもファンとの距離が身近に感じられる活動も繰り広げておられます。

私も「ぶらりツアー」に伺って、池田さんのソロライブを堪能したことがあるのですが、あたたかくやさしく、丁寧で、そして、なによりセクシーな歌声が、素晴らしかった。ライブを見るまでは、おしゃれなシティ・ポップ的な印象を持っていたのですが、この日のライブ以来、池田さんは、私には、第一級の「ソウル・シンガー」です。どんなスタイルの曲を歌われても、静かに熱いソウルが伝わり、胸の奥をくすぐり続けるのでした。

歌とギターのスタイルも、自然で無理がないのも素敵で、長く音楽家としての歴史を重ねてこられた方ゆえの自然体。自然な姿の背後に流れている「自分の道を貫く」という反骨精神や、幅広い音楽愛も伝わって、大好きになりました。

このギター弾き語りライブのスタイルがあまりにも素敵だったので、岩下の新生姜ミュージアムにもぶらりと立ち寄った感じで弾き語っていただきたく思ってお願いしたところ、大編成でスペシャルなライブにしたいと言って頂きました!感無量です!

岩下の新生姜ミュージアムで、池田さんを支えるメンバーは、SUPER3 。そして、スペシャル・ゲストに柴矢俊彦さん(元ジューシィ・フルーツ)!池田さんのライブでも、滅多に見ることの出来ない特別なセットとのことで、私も本当に楽しみにしています。

当日は、既に大勢のご予約を頂いており、これからのご予約は、お立見になってしまうことお許し下さい。でも、ミュージアムの2階も開放しますので、ぜひ、ご一緒に!

お問い合わせ(取材申し込み)

本件に関するお問合せや取材のお申し込みは
museum@iwashita.co.jp
までメールにてお願いいたします。
担当:小池(企画開発部)・野木(新生姜ミュージアム)
※必ず件名とご連絡先の記載をお願いいたします。

Top