岩下食品公式サイト 岩下食品オンラインショップ 岩下の新生姜ミュージアム お問い合わせ 岩下の新生姜ミュージアム Facebook

岩下の新生姜ミュージアム

岩下の新生姜ミュージアム

【6月23日】岩下の新生姜ミュージアム開館3周年記念スペシャルイベント

お笑い芸人「たんぽぽ」一日館長就任、東京タワー公式キャラクター「ノッポン兄弟」&とちぎのご当地キャラクター来館、飴細工実演販売など

2018.06.06 イベント

画像:岩下の新生姜ミュージアム開館3周年記念スペシャルイベント 2018年6月23日(土)10:30~15:00開催 [入館・観覧無料]

岩下の新生姜ミュージアムでは開館3周年記念スペシャルイベントを2018年6月23日(土)に開催します。

東京タワー公式キャラクター「ノッポン兄弟」と「岩下の新生姜」は、いずれもピンク色で細長いことから、SNSなどを通じて「似ている」や「ノッポン兄弟を見ると岩下の新生姜を食べたくなる」とのお声いただいておりました。また、両者によるコラボレーションを期待する声も届いておりました。
岩下の新生姜ファンをはじめ多くの皆様の声に応え、開館3周年を記念してこのたび、ピンク色で細長い似た者同士による、高さ333メートルの東京タワーと「3つながり」のコラボレーションを企画。かねて岩下の新生姜ファンから、ノッポン兄弟のミュージアム登場を期待する声も挙がっており、待望の初来館となります。

お笑い芸人「たんぽぽ」がミュージアムに登場。
川村エミコさんは、自身のSNSで岩下の新生姜を使った料理を公開したり、テレビ番組でも「岩下の新生姜チャーハン」を作ったりするなど、日頃から岩下の新生姜を愛用してくださっています。2017年5月には、川村エミコさんと岩下社長によるトークライブ『新生姜ライブ~しょうがない夜~』を開催。チャーハンをはじめ、サラダ、ところてんなど、川村さん考案の岩下の新生姜メニューの数々が振る舞われ、来場者に好評でした。
さらに、川村さんは東京タワーもお好きとのこと。そんなご縁からついに、ご本人が、コンビで、岩下の新生姜ミュージアムのステージに登場します。

「たんぽぽ」「ノッポン兄弟」は、午前中のセレモニー、午後のステージにご出演いただくほか、館内を巡回しながら来館者とのふれあいもございます。

とちぎの人気ご当地キャラクター、とち介(栃木市マスコットキャラクター)、さのまる(佐野ブランドキャラクター)もお祝いにきてくれます。

飴細工師・花輪茶之介氏によるステージでは、岩下の新生姜やノッポン兄弟をモチーフに伝統的な飴細工を実演。特設ブースでの販売も行います。

楽しい雰囲気で、ご来館の皆様と一緒に、ミュージアム開館3周年をお祝いいたします。

開催日時

2018年6月23日(土)10:30~15:00
<入館・観覧無料>

プログラム

<10:30~11:00>
開館3周年記念セレモニー、「たんぽぽ」一日館長就任、「ノッポン兄弟」登場

<11:00~11:30>
とちぎの人気ご当地キャラクター来館(とち介、さのまる)

<13:00~14:00(予定)
スペシャルステージ
・花輪茶之介 飴細工実演
・「たんぽぽ」お笑いミニライブ
・「ノッポン兄弟」東京タワーPRタイム

<14:30~(予定)
「たんぽぽ」「ノッポン兄弟」館内巡回
▼岩下の新生姜ミュージアム開館3周年記念イベント(6月6日~7月9日開催)についてはこちら
http://shinshoga-museum.com/event/180606_3rd_anniversary

ノッポン兄弟

画像:ノッポン兄弟(写真左=ノッポン弟/同右=ノッポン兄)

東京タワー公式キャラクター。
1998年12月23日(東京タワー開業40周年記念日)生まれの双子の男の子。身長2m23cm。
青いオーバーオールのノッポン兄は、クールで無口なシャイボーイ。
赤いオーバーオールのノッポン弟は、明朗活発ながら寂しがりやの一面がある。
兄弟それぞれがTwitterアカウントを持つ。
弟は真面目に東京タワーのPRをつぶやくことが多い。
兄のつぶやきはクールで自由。

@nopponani
@nopponotouto

お笑い芸人「たんぽぽ」

画像:お笑い芸人「たんぽぽ」

ついに登場、ホリプロコムが誇るブサイクコンビ!!高校時代より演劇をはじめた白鳥は、舞台役者として活動したのち、2007年にお笑い芸人に転身。2008年に川村エミコとともに「たんぽぽ」を結成。

写真左)白鳥久美子 1981年12月11日生まれ、福島県出身
写真右)川村エミコ 1979年12月17日生まれ、神奈川県出身

飴細工師「花輪茶之介(はなわ さのすけ)」

画像:飴細工師「花輪茶之介(はなわ さのすけ)」

「飴細工保存会」石割氏の元で修業を積み、2011年より上京。飴細工師として活動を始める。
トークを交えながらの“親しみのある飴細工”をコンセプトに、大人には懐かしく子どもには新しい、ちょっぴりレトロで縁日のような時間を提供している。今では珍しい、昔ながらの“吹き飴”の伝統的な技術を受け継ぐ、数少ない飴細工師のひとり。

とちぎのご当地キャラクター

画像:とち介(栃木市マスコットキャラクター)、さのまる(佐野ブランドキャラクター)
写真左)とち介(栃木市マスコットキャラクター)
写真右)さのまる(佐野ブランドキャラクター)
Top