岩下食品公式サイト 岩下食品オンラインショップ 岩下の新生姜ミュージアム お問い合わせ 岩下の新生姜ミュージアム Facebook

岩下の新生姜ミュージアム

岩下の新生姜ミュージアム

【11月11日】avengers in sci-fi アコースティック・ミニライブ

~『岩下の新生姜の日』制定記念スペシャルライブ~

2017年11月10日(金)イベント

avengers-in-sci-fi

開催日時

2017年11月11日(土)
16:00開場、16:30開演
ライブ時間:約1時間
入場・観覧無料
メール予約優先着席

メール予約開始

2017年10月13日(金) 10:00~

会場

岩下の新生姜ミュージアム
住所:栃木県栃木市本町1-25(最寄駅:JR/東武 栃木駅)
アクセス:http://shinshoga-museum.com/about#access
※駐車料金無料
※駐車台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用のうえご来館ください。

メール予約について

入場・観覧は無料です。どなたでもご覧いただけます。
ステージ前にお席を用意しますが、こちらは、開演30分前からメール予約番号順でのご着席となります。
観覧ご希望の方は、ぜひメール予約をご利用ください。

メール予約受付開始 2017年10月13日(金)10:00~

メール予約は、以下の件名・本文で、
event@iwashita.co.jp
までお送りください。
受信後、数日内に、予約受付番号を返信いたします。

【件名】
ライブ予約
【本文】
[1]観覧希望日とアーティスト名(例:11月11日 avengers in sci-fi)
[2]氏名(ヨミガナ)
[3]電話番号
[4]来場される人数
[5]同行者の氏名・電話番号(お一人で参加の場合は不要)

※件名は必ずご記入ください。
※2017年11月11日は2公演開催(入れ替え制)のため、本文に観覧希望アーティスト名を必ずご記入ください。

avengers-in-sci-fi

avengers in sci-fi

ギター、ベース、ドラムスという最小限の3ピース編成でありながら、シンセサイザー/エフェクト類を駆使したコズミックで電撃的なロックを響かせるavengers-in-sci-fi。“ロックの宇宙船”とも称されるこのバンドは、高校の同級生であった木幡と稲見によって02年にスタート、大学で長谷川と出会い現在の編成に。メロディック・パンクのカヴァーに始まりテクノ/ダンス・ミュージックへの傾向を経て、数々のエフェクターを導入し独自の近未来的ロック・サウンドを展開。09年12月にメジャー・デビュー。それまでのロック、パンク、テクノ、エレクトロに加え、クラシック、オペラ、ゴスペルの要素も自由に操り更にパワーアップ。その高い音楽的IQが評価され、同年には木村カエラのシングル『BANZAI』のプロデュースや、CM曲の描き下ろしも手掛けた。2014年6月に5枚目のフルアルバム「Unknown Tokyo Blues」をリリース。2015年2月より新たな主催イベント“Unknown Tokyo”をスタートさせた。2016年4月に2年ぶりとなるニューアルバム「Dune」をリリースし、FUJI ROCK FESTIVAL'16出演を始め、全国ワンマンツアーを行い、2017年に結成15周年を迎える。

木幡 太郎( Gt / Vo / Syn )
稲見 喜彦( Ba / Vo / Syn )
長谷川 正法( Dr / Cho )

avengers in sci-fi のアコースティック・ミニライブ開催にあたって

岩下食品株式会社
代表取締役社長 岩下和了

11月11日『岩下の新生姜の日』制定のお祝いに、岩下の新生姜ミュージアムに、 avengers in sci-fi (アベンズ)の皆さんが駆けつけ、アコースティック・ミニライブを開催して下さることになりました。

アベンズと岩下の新生姜との関わりは、「岩下の新生姜ミュージアムショップ in 秋葉原」を展開中のネットカフェ「和style.cafe」の店長さんが、アベンズのメンバーと幼馴染であったことが出発点です。店長さんの熱烈推薦に従って聴いてみると、ありきたりの3ピースロックバンドから一線を画す意志のようなものが感じられ、実にカッコよかった。エフェクターにこだわった最新サウンドでありながら、パンクからニューウェーブが登場してきたときのような原初的なドライブ感を伴っているのが印象的でした。すっかり気に入って、何度かライブの際に、入場者への商品プレゼントなどのサポートをさせてもらいました。

アベンズの皆さんは、今年、和style.cafeの音楽ユニット「和茶屋娘」等とコラボして、岩下の新生姜発売30周年のお祝いに「THE PINK NEW GINGERS」を結成、シングル曲『PINK』を制作して下さいました。今、岩下の新生姜ミュージアムでも販売させて頂いています。

スペイシーとも形容される壮大で精緻に構築されたサウンドのアベンズが、アコースティック編成では、どんな音楽を聴かせてくださるのか、楽しみでなりません。

ご一緒に、どうぞお楽しみ下さい!

THE PINK NEW GINGERS 『PINK』

お問い合わせ(取材申し込み)

本件に関するお問い合わせや取材のお申し込みは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

Top